沿 革

1961年
(昭和36年)
創業者の堀江 教一が島根県にて堀江大工、設立
1964年
(昭和39年)
事業所を大阪市淀川区へ移転
1978年
(昭和53年)
株式会社堀江工務店へ商号変更
1984年
(昭和59年)
株式会社堀江工務店より不動産事業を独立し、
三成建設株式会社の前身である雲州土地建物株式会社を設立
2001年
(平成13年)
雲州土地建物㈱を三成建設株式会社へ商号変更
代表取締役に堀江 武生(現代表者)が就任
建設業許可(大阪府知事 般-13 117791号)取得
2002年
(平成14年)
株式会社堀江工務店の解散に伴い、同社の建築工事部を
三成建設株式会社にて受け継ぎ、建築工事事業を本格化
2003年
(平成15年)
地域住民の募金活動にて実施された「木川老人憩の家地域集会所 新築工事」を地域の建設会社代表として施工
2005年
(平成17年)
設立以来初となるジョイント・ベンチャー方式(建設共同企業体)をナカノフドー建設㈱(東証1部上場)との間にて合意し、マンション工事を受注
2006年
(平成18年)
投資用マンション「FEEL」シリーズの開発がスタート
マンションリフォーム定価制パッケージ商品「Zero Renovation(ゼロリノベーション)」の発売開始
2007年
(平成19年)
収益不動産のインターネット配信サービス(会員制)の開始
2008年
(平成20年)
3階建鉄筋コンクリート賃貸住宅「ハード・ステージ」発売開始
2009年
(平成21年)
「テナント誘致型土地活用」を本格的にスタート
JR野田駅前に飲食チェーンを誘致し、2階建て飲食ビルを建設
2010年
(平成22年)
賃貸管理事業で受託管理戸数が500戸を突破
2011年
(平成23年)
ロードサイド事業「ファミリーマート」1店舗目建築
2012年
(平成24年)
賃貸管理事業で受託管理戸数が600戸を突破
2014年
(平成26年)
介護施設「グループホーム」1棟目建築
2015年
(平成27年)
大阪支社開設、「ピタットハウス 淀川中央店」OPEN
2016年
(平成28年)
東京支社開設、「ピタットハウス 新宿西口店」OPEN